Jarmo Sermila & Emil Viklicky / Confluence

Regular price ¥4,800
Jase (Finland) 1985
JASELP 0004 (LP)
Media : NM-/NM- (super visible storage wear, it doesn’t affect play. plays perfect.)
Sleeve : VG+ (SRW,TEOC, wear on seams and the corners.)

Super deep and still unknown avant-electric jazz album by Finish composer, Jarmo Sermila collaborate with Czech pianist, Emil Viklicky. all tracks for deep electronics with live instruments performance and recommended for A1/A3. let’s try listen and you will must be love this album!

フィンランドが誇る作曲家Edward Vesalaとの共作でデビューした奇才作曲家Jarmo Sermilaが、旧チェコスロバキア出身の鍵盤奏者Emil Viklickyと共に制作した知られぜる前衛シンセ・ジャズの傑作。フィンランド盤オリジナル。盤面には極薄いスレ跡ありますが、再生には影響なし。全編に渡りアナログ・シンセのディープ・インストゥルメンタルに、トランペットやフリューゲルホーンが即興的に躍動するアヴァンギャルドなエレクトリック・ジャズとなっています。A1/A3から聴いてみて下さい。

A1: Concession
A3: Convulsion

electric jazz, experimental jazz, free jazz, avant-garde jazz

More from this category