Carlos Cutaia / Ciudad de Tonos Lejanos

Regular price
Raviol Records (Argentina) 1983
RR 5004 (LP)
Media : EX/EX (looks mint, but has light crackle noise and light clicks sometime a bit. especially beginning of both side from ages.)
Sleeve : NM (still in shrink.)

1st solo album by synthesist and composer Carlos Cutaia, who is part of Pescado Rabioso and La Maquina de Hacer Pajaros. all tracks are amazing synth cosmic sounds. also B3 track used for my recently mix for Lullabies For Insomniacs.

アルゼンチンのジャズ・ロック・バンドLa Maquina De Hacer PajarosやPescado Rabiosoでも活動した鍵盤奏者Carlos Curaiaが1983年にリリースしたソロ1作目。アルゼンチン盤オリジナル。盤面は新品のように綺麗ですが、両面冒頭部や一部で軽いプチノイズやチリノイズが入る箇所あり。南米産の中でも特異な存在として全編にわたりシンセ・コズミックなエレクトロニクス・ワールドを展開。個人的なハイライトはシンセ・アンビエントのB3で、以前Lullabies For Insomniacsに提供した南米産アヴァン・ミュージックのミックスにも使いました。大推薦!!!

electronics, synthesizer, synth pop, electro, cosmic

More from this category